車の売却・査定・買い取りで思うこと

まで車を乗り換えていますが、そのたびに古い車の査定や買取り(廃車もふくむ)をどうするかについて考えます。
これまで車を買い替える際はたいてい、ディーラーさんにお任せしていました。営業の方はたいてい、「これだけの年式、走行距離であれば買取の査定はゼロです」と言ったうえで、「新車を購入するのであれば査定に少し色をつけて実質値引きをするので、是非決めてほしい」というようなことを言います。7年以上前の車だとほとんど売却しても査定はゼロだとも言われます。

 

いつもこういう話をされるので、営業の方のお話を信じ切っていたのですが、実はそれは必ずしも事実ではないことを、最近知りました。

 

それは、「買い取り専門店」で売却するという方法があるということです。確かに言われてみれば新聞でもテレビでも、インターネットの広告でも車買い取り専門店の「高額買取り査定」の文字をよく目にしますが、近くに店舗がないせいか、自分としはあまり興味・関心をもっていませんでしたし、古いとか傷があるなどと何かと理由をつけて買い取り額を低く見積もるのではないかという、あまり良くないイメージを持っていました。ディーラーに比べて会社そのものの認知度が低いためそのようなイメージに拍車がかかっていたのかもしれません。

 

しかし、ディーラーと買い取り専門店には基本的に買い取りの考え方が違うようなのです。それは、買い取り専門店はオークションに出品して落札価格で利益を得るので、店頭で販売するディーラーと違って車の維持費などを差し引く必要がなく、ナビやオーディオなどの社外品についても査定の対象に入るというのです。つまり、あまり店頭に出してもなかなか売れない可能性のある車でも、高く買い取ってもらえるかもしれないということなのです。これにはなるほどと思いました。そう考えて、買い取り専門店の資料をネットや新聞で調べてみました。そうすると意外と近くにも店舗があることがわかりました。

 

また、出張査定サービスや、自力で走行不能な車には出張買取も行っているということでした。これは今まで知りませんでしたので、次回の車買換えの際には査定だけでも買い取り専門店に依頼してみようかと考えています。もちろん買い取り専門店にもいい会社、悪い会社はあると思いますし、安心できて手間がかからないという点ではディーラーの方が良い場合もあると思います。まずは見積りを見てどうするか慎重に検討したいと思います。


このページの先頭へ戻る